Entries

シャトー・ル・ボン・パストゥール[1997]

昨夜はポムロールの「シャトー・ル・ボン・パストゥール1997」を開けました。花の香りが素晴らしいですが、タンニンの熟成がまだなのでしょう。もう少し熟成すれば最高です。

シャトー マゼール[2006]

同じポムロールで先日飲んだラ・ローズ・フィジャックより酸味が落ち着いたワイン。カリテ・プリでおいしい。

シャトー ラ・ローズ・フィジャック[1997]

今月は11日に渡って休肝日にしていましたが、昨夜は久しぶりにポムロール。このワインは、シャトーペトリュスとシャトーシュヴァルブランに囲まれた畑。このような有名シャトーに挟まれた畑のワインは旨安が多いです。オリが少しありましたが若くて酸味が少し立っていました。もう少し枯れてくるといいですね。飲み頃は、2026くらいでしょうか。

クロ・デ・リタニ[2009]

セラーもいっぱいになってきたので、昨夜は大好きなポムロールでメルロー100%のクロ・デ・リタニ[2009]を開けました。このワインは「ル・パン」と「ラ・クロワ・サン・ジョルジュ」に挟まれた畑で作られます。5年経過ですが、最初はかなり閉じていました。1時間ほどするとクロ・デ・リタニらしい香りが出てきました。十分おいしいですが、2020くらいに飲むと最高でしょうか。

フルール・ド・クリネ[1997]

ポムロールのシャトークリネのセカンドです。抜栓後はタンニンが硬かったですが、1時間ほど経過すると花の香りが出てきました。このワイン、今飲むならデカンタージュして2時間ほど置いてからがおすすめ。

シャトー・ラトゥール・ア・ポムロル[1984]

先月の結婚記念日はバタバタしていて何もできなかったのと、今日私が約15年ぶりにバタバタでしたが一応けがも無くテニスができた(昔はバンバンやっていた)ことを祝い、自宅でシャトー・ラトゥール・ア・ポムロル[1984]を開けました。今年で28年経っていますがまだ若い感じで、落ち着いた花の香り。タンニンの苦みが心地よいワイン。いいワインでした。
ch-latour-a-pomerol1984.jpg
このワインはこのあたりで探せます。

先代犬トレーシーの誕生年ワインをモリモトで(清里)

昨日は、先代犬トレーシーの20歳の誕生日(生きていれば)。今年は7回忌。そして今年の誕生日が昨日なので、トレーシーの誕生年のワインを開けました。シャトー・ラフルール[1992]。

自宅で抜栓してモリモトへ持参。コルクにワインがあまり染みていなかったので瓶熟成ではなく蔵出しだと思われます。香りは花束のように華やかで秀逸。果実味あふれて品がいいタンニンの苦み。丁寧な作りのポムロールでした。
m2_20120526163113.jpg
アオリイカのカルパッチョ
m3_20120526163122.jpg
エビのマリネのシーザーサラダ
m4_20120526163236.jpg
焼きアスパラのバーニャカウダソース
m5_20120526163255.jpg
豚バラの塩焼き
m6_20120526163309.jpg
鹿のパテ(鹿肉・豚肉・鶏レバー)
m7_20120526163319.jpg
ホタルイカと空豆のアンチョビ風味スパゲティー
m9_20120526163404.jpg
黒板メニュー
m8_20120526163354.jpg
モリモトさんの料理は安定しています。パスタの量も通常よりも少し多めでおトク感大。特にオイルベースはあっさりしているのに味わい深いので好きです。

清里 パスタと肴 morimoto〜老若男女が集まる清里の洋風居酒屋

シャトー・ヴュー・クロワトル[1985]

優良年であり、わが家の結婚年の85のポムロールが何と3000円台で出ていたので、試しに一本購入。ラベルが新しいので蔵出しのワイン。で、どうだったかというと、香りも味わいも良く、できればもう少しタンニンが熟成してまろやかな感じならより良し、でしょうか。しかしながらポムロールの古酒がこの値段で買えるんですから、一度試す価値ありです。

このワインは、こちらで購入できます。

シャトー・レヴァンジル[1978]

昨夜開けたワイン。78なので33年経過したもの。コルクがかなり柔らかくなっていたため慎重にゆっくり開けましたが、8分目で切れてしまいました。そして、ゆっくりゆっくり、残りを慎重に取り出せました。
昨夜は半分飲みましたが、色は煉瓦色、花の香り、角が取れてまろやかで渋みの中に甘みがある熟成された味わいでした。

コルクはこんな感じです。
luvangile78-cork.jpg
レヴァンジルはポムロール地区でも好きなワインで、値段的には1級シャトーまでは高騰していないので、何とか手が届くワインです。このワインの78は無いかもしれませんが、このあたりで探せます。

シャトー・ラ・クロワ・デュ・カス[1996]

一昨日は家内の誕生日だったので、セラーからポムロールのシャトー・ラ・クロワ・デュ・カス[1996]を出して開けました。「若い時は閉じていてタニック」と言われるシャトーらしいですが、実際飲んでみると、香りはそれほど開いていなくて、タンニンはまだ固い感じ。ビロードのようなのどごしでするするっと入るので、すぐ1本開きましたが、10年後くらい経つともっとおいしいでしょう。

Appendix

プロフィール

まかぱぱ

Author:まかぱぱ
2006年末迄東京でIT会社勤務後独立し、愛犬との暮らし満喫のため八ヶ岳へ移ったが、2010年から、八ヶ岳清里(春夏秋)、東京(冬)の2地域居住となる。ワイン好き。音楽はユーミン、Superfly、ジャズ等。スポーツは、テニスと水泳。

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

運営Web

リビング・ウィズ・ドッグズ

STAY WITH DOG

アクセス感謝
(2007/6/11から)