Entries

薪の移動

おとといから夜は数本薪を燃やしてます。今日はテラス直結の薪小屋へ薪を表から移動。汗だくで半分で今日はおしまい。

梅雨時の薪ストーブ

ずっと雨で、室内の湿度が高くなってきました。室内を乾燥させようと薪ストーブ燃やしてます。

今年の薪ストーブは昨日から

今年の薪ストーブは昨日から付け始めました。今日も朝から稼働中。室内温度が20℃を切ると付けたくなります。

着火剤とガラスクリーナー

清里の家は、薪ストーブがメイン暖房。ここのところ、夕方から毎日使っています。お気に入りの着火剤は、この固形のフランゴ。いつも12パック入りの箱で買ってます。そして、薪ストーブのガラスの煤を取って、遠赤外線を透過させるためのガラスクリーナーはジェルです。液体のものは落ちが悪いです。

薪ストーブ初稼働

午前中は室内が冷えてきたので今シーズン初の薪ストーブを付けました。

薪小屋に何かが?

朝からずっと小雪がちらつく氷点下の八ヶ岳。我が家の屋根付きテラスの横に少し間を開けて設置されている薪小屋。あれっ、この毛の固まり、、、何??? とマリヤ。

こんな感じで、薪をどんどん室内へ運び込むうちに毛の固まりが姿を現しました。これは、テラスでコームしていたマリヤとカレンの毛を誰かが集めたもののようです。もしかしたら何かの動物の巣?
SU2.jpg

3時間で室温8度上がりました

東京で使う物を取りに一ヶ月弱ぶりに清里の家に戻った。到着時室温は6度でひんやりしたが、ダッチウエストを数分で点火し、3時間で14度に。すぐ着火するのはダッチウエストだから(と自分で信じている)。しかしまだ、ストーブから離れると足もとが寒い。

庭を見ると、物置が出来ていました。屋根は南向きに傾斜しているため積もった雪が溶けやすく、溶けた雪がドア側へ落ちません。今日はこの時期にしては暖かかったです。
yatsugadake2.jpg

薪ストーブの触媒交換

我が家の薪ストーブはダッチウエストですが、もうそろそろ交換時期ということで、キャタリティックコンバスター(触媒)を交換することにしました。通常、煙の中の未燃焼ガスは通常550度でにならないと燃えないのですが、これがあると、未燃焼ガスを260度で燃焼することができ、これにより熱が発生するので熱効率が向上、合わせて、排気ガス中の汚染物質とクレオソートを90%削減できるそうです。う~ん、勉強になりました。

触媒(キャタリティックコンバスター) Q&A

ダッチウェスト FA265

我が家の薪ストーブは、点火が早く、60cmの長い薪も入るアメリカ製の「ダッチウェスト FA265」を愛用しています。実を言うとこの薪ストーブは二台目で、最初はどんなメーカー/機種がいいのか全く興味がなかった(みんな同じだと思っていた)ので、たまたまデンマーク製のものでした。このストーブはダンパー調整がしにくいため外気を取り込みづらく、点火にすごく時間がかかりました。また、燃焼室が狭いため、40cmくらいの薪しか入りませんでした。
寒い冬の朝、すぐに点火してほしいので、私の場合、(1)早く点火できる (2)長い薪が入る が重要です。あと、排気がクリーンなこと、これも環境のために重要ですね。
(1)は、なかなか火がつかない薪ストーブだと、使えませんからね。また(2)は、長い薪が入ると短く切らなくても済むので楽です。そんな時、南信州の宿で見たダッチウェスト社のストーブの燃焼速度のすごさ、60cmの薪が入る、これしかないと思いました。
現在愛用しているダッチウェスト社のフェデラルコンベクションヒーターFA265は、これらの要件を満たしているので、もう手放せません。
いろんな人に聞くと、よく聞くストーブは、ダッチウェストヨツールバーモントキャスティングスらしいですが、私はこの三社ではダッチウェストしか使ったことが無いので、残念ながらそれ以外知りません。
私もそうですが、都会のマンションでエアコンのボタン一つで暖房をしてきた人が、あるとき山に別荘を建てたり、定年後に山へ移住し、山の家では炎に癒される「薪ストーブ」を購入しようとした時の参考になると思い、書きました。

ダッチウェスト FA265

薪を入れてみました

さっそく、薪を入れてみました。三列入るので片側だけで軽トラ2台分強積めたので、両側で軽トラ4~5台分積めることになります。満杯の薪で三ヶ月もつと思われます。ちなみに、薪小屋は米松、ウッドデッキはヒバ。

Appendix

プロフィール

Author:まかぱぱ
2006年末迄東京でIT会社勤務後独立し、愛犬との暮らし満喫のため八ヶ岳へ移ったが、2010年から、八ヶ岳清里(春夏秋)、東京(冬)の2地域居住となる。ワイン好き。音楽はユーミン、Superfly、ジャズ等。スポーツは、テニスと水泳。

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

運営Web

リビング・ウィズ・ドッグズ

STAY WITH DOG

アクセス感謝
(2007/6/11から)