Entries

オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ(塩沢)

さて、どうやって清里高原から塩沢石打ICへ行くか? (1)清里から佐久平までR141で行き、佐久ICから高速で塩沢石打IC行く案 (2)長坂ICから信州中野ICまで高速に乗り、その後、R117で塩沢まで下道を行く案。結局、行きは佐久平でラーメンが食べたいし、帰りは、佐久平のジャスコで買い物をしたいので、(2)案になった。
さて、お料理とワインの素晴らしいマリアージュを楽しみに、ほぼ三年ぶりに夫婦で昨日から一泊で新潟県塩沢石打の「オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ」へ行ってきました。こちらは、最近、「料理王国」の「ニッポンのオーベルジュ」という特集に載った熊シェフが腕を振るっておられます。
andra1.jpg
まず、地下のワインセラーから選んだ一本。ボルドー右岸は、サンテミリオンのグランヴァン「シュヴァル・ブラン1978」。私は、このワインは、ティスティングで1999を1グラス飲んだだけだったので、この31年熟成したシュヴァル・ブランは超楽しみです。
andra0.jpg
この日、アクシデントがありました。今日のディナーのために、仕入れて下さった広島の健牡蠣が間違って長野へ行ってしまい、これから長野から赤帽で遅れて着くとのこと。この生の健牡蠣。。。首を長くして待つことにしました。
まず、最初は、アミューズ。ストックの広島・健牡蠣と栃木・内藤苺の焦がし焼きサラダ。加熱しても縮まないおいしい健牡蠣、炒めた苺というのは香ばしいものです。シャンパンを飲みながら食べました。
andra2.jpg
写真は暗いですが、「大沢の徳川献上コシヒカリのおかゆ」。二種類の塩をふって、味わいます。この塩の中で、6臆年経った岩塩の方は硫黄の香り=ゆでたまごの香りで驚きました。andra3.jpg
次は、皮がカリカリに焼かれていた能生のマダイのムニエル・カブ添え。シャンパンに合います。
andra4.jpg
能生の海を飲むようなスープ。わかめとのりのスープです。口の中が海になりました。
andra5.jpg
名物フォアグラのサンドウィッチ。このころから、赤の「シュヴァル・ブラン1978」を飲み始める。このワイン、完全に飲み頃で、エキスがジャムのように凝縮し、そこから花の香りと腐葉土の香り、いろいろ出てきました。美しく熟成したワインです。さすがシュヴァル・ブラン。柔らかい感じで、ブルゴーニュっぽいかもしれません。1978もグレートな年ではありませんが、良い年です。料理の香りとワインの香りがばっちりマリアージュしてました。
andra6.jpg
次は、根室のエゾ鹿のジヴエ(煮込み)。前後のものは、黒胡椒を鉄工所の高温のローラーでつぶしたもの。これをパリパリと割ってかけて食べる。
andra7.jpg
フキノトウのプリンにフキノトウのグラス(アイス)のせ。これ最高。
andra9.jpg
いよいよ届いた健牡蠣を生で。ともかく厚い牡蠣でまるで杏仁豆腐のような食感。このころ、すでに、シュヴァル・ブランを空けてしまいました。ご馳走さまでした!
andra8.jpg
そして、翌朝は、10cmほどの4月の水っぽい雪が。
andra12.jpg
オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ

コメント

[C289]

31年モノのワイン!!!
ラベルが長い長い年月を物語っていますね~。
熟成されるとお味はどんな感じになるのでしょう?!
まったく想像がつきませぬ(笑)

夫婦水入らずの旅もたまには良いですね♪
  • 2009-04-03 14:32
  • ちか
  • URL
  • 編集

[C290] ちかさん

コメントありがとうございます。ワインには長期熟成に耐えるワインと早飲み用に作られたものがあるんですが、この31年経過のシュヴァルブランのような長期熟成型のワインは、アルコール分が少し飛んで、また水分も少なくなった感じで、エキス分が凝縮してフルーツの固まりみたいになり、香ばしかったです。また、一般的に、瓶の中で熟成するとワインが地中から吸い込んでいた水分中のいろんな物質が化学変化して、腐葉土みたいな香り、胡椒の香りとか、動物園の香りとか、いろんな香りが出てきます。それくらいの時期が古酒の飲み頃で、それを過ぎるとアルコール分が飛んでしまって花が枯れた感じの味わいになります。私は熟成したワインはもちろん大好きですが、最近はすぐ飲んでもうまいワインが多く、これも好きです。

[C291]

オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ>

しりませんでした、お宝情報感謝です。

今日、神戸から中央道経由で東京に帰りますが、大泉は夜あたり通過なのでそのままよらずに帰ることになりそうです。

[C292] yoshi-poohさん

大阪、神戸ですか。お疲れさまです。関西のお好み焼き、旨そうですね。関西ではないのですが、久しぶりに、浅草の「染太郎(http://www.sometaro.com/)」のお好み焼き、食べたくなりました。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://winezanmai.blog106.fc2.com/tb.php/338-64c8da41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まかぱぱ

Author:まかぱぱ
2006年末迄東京でIT会社勤務後独立し、愛犬との暮らし満喫のため八ヶ岳へ移ったが、2010年から、八ヶ岳清里(春夏秋)、東京(冬)の2地域居住となる。ワイン好き。音楽はユーミン、Superfly、ジャズ等。スポーツは、テニスと水泳。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

運営Web

リビング・ウィズ・ドッグズ

STAY WITH DOG

アクセス感謝
(2007/6/11から)